涌井「どうすりゃいいんだ…」