彼らは未来を切り開くようです 第五章 深緑の悪意 その一