金本「ん...ちゅ...んちゅ.......」