ギャラナイ夫たちはエキスポシティにゆくようです プロローグ篇