目次 キル子は、朱の空に想いを伝えるようです