やる夫くん「そうだ!こんな時は博士に相談だ!」