黒木智子は俳句女子のようです 第六句『障子』