JK「や、やきう君…こ、これ!///」彡(゚)(゚)「えっ…」