キル夫は異世界で便利な置物扱いのようです 第6話「好きというほどじゃないけど、嫌いでも無い」