歴史モノで良いのない? その6