【短編】貴方は世界を知りたいようです その2