ミク夫の異世界紀行 その8