記憶のある青年は死にたいようです その77